仕事について

シニアスタッフ

大量の商品を間違いなくさばけたときの、
達成感!
年齢関係なく、
仲間と仕事を楽しめる職場

M.Yさん 60歳
2010年入社 ドン・キホーテ池袋東口駅前店

徒歩圏で通える池袋東口駅前店にオープン時から勤務。商品管理を担当。「長く働き続けたいので、健康には気をつけています」。




荷受けも伝票処理も。自然と流れが身についた

前職では、テーマパークでセキュリティの仕事をしていました。すごくいいアルバイト環境だったのですが、自分の都合が合わなくなり転職することに。通勤時間がもったいないので家の近所で働きたいと思って求人情報をチェックしていたところ、家から徒歩10分のところにドン・キホーテがオープンするということを知りました。アルバイト・パート求人に応募したところ、採用となりました。
週に5日、朝から夕方までの勤務です。仕事内容は商品管理。荷受けと伝票整理が主な業務です。ドン・キホーテ池袋東口駅前店は場所柄、お客様の年齢層も幅広く、多くのお客様が来店する店舗なので、入ってくる商品の種類も数も多いです。ハロウィンやクリスマスなどのイベントが近づくと、すごい量になります。それを担当二人でさばくのですが、慣れるまでは大変でした。他店舗に回すものもあるのですが、どれが自分の店の分でどれが他店舗に回すものか、伝票を見ないと分からない。最初のうちはどうしても時間がかかりました。もう一人の担当がドン・キホーテの他店舗でのキャリアもあるベテランなので、いろいろ教えていただき、だんだん慣れることができました。入社して6年。60代のシニア年代ですが、今では、体が自然と仕事の流れを覚えていて、荷受けも伝票処理もスピーディーになりました。大量の商品を間違いなくさばけると、達成感があります。



若い人と気軽に交流できる環境が、居心地のよさに

これまでいろいろなところで働いてきましたが、ドン・キホーテは人間関係がよい職場だと思います。若い人が多くて、活気がある。仕事のあとの食事会などで、みんなで撮影した写真を見ていると、60代、シニアの自分が仕事も職場も楽しめているのを実感します。年齢に関わらず、誰とでもみんなが気軽に接してくれる、気のいい人が多い。だから、シニアと呼ばれる年齢層の方から、学生、若者、主婦の方など様々な方にとっても働きやすい。私と同じようなシニア年代の人も、結構いますよ。
みんなとずっと楽しく働きたいので食事にも注意して、健康に気を使うようにしています。ドン・キホーテはとても居心地がいい職場。できるだけ長く、ずっと元気に働き続けたいと思っています。



応募する方はコチラ

スカウト登録はコチラ



製薬会社での営業経験と、
登録販売者の資格。
どちらも生かせる仕事です!

I.Sさん 68歳
2011年入社 ドン・キホーテ池袋東口駅前店

与野店、春日部店、大宮銀南店の3店舗を経験。2015年11月、池袋東口駅前店に医薬品コーナーが開設されるのと同時に異動。




60歳を過ぎて登録販売者の資格を取得。資格を生かせるドン・キホーテへ

長年、製薬メーカーで営業の仕事をしていました。さまざまな量販店やドラッグ・ストアに薬を卸す仕事です。その関係もあり、60歳を過ぎた頃に登録販売者という医薬品を販売するための国家資格を取得。その後4年ほどは特に仕事をせずにいたのですが、登録していた派遣会社のサイトからドン・キホーテが登録販売者を募集していることを知り、アルバイト・パートスタッフに応募しました。
最初はドン・キホーテ与野店に。その後、医薬品コーナーを新設する店舗があれば、そこに異動するという形で、ドン・キホーテ池袋東口駅前店は4店舗目です。医薬品コーナーのオープン時から登録販売者として働いています。



他店舗の売れ筋をチェック。売り上げ増に貢献したい

勤務時間は昼から夜にかけての時間帯ですが、池袋駅前という場所柄なのか、夜の遅い時間の方が一番ご来店するお客様が多いように感じました。特に、池袋東口駅前店は外国人のお客様が多いですね。中国、台湾、タイ、たまにアメリカなど。どの国の方とも結構、身振り手振りでコミュニケーションできるのですが、複雑な話になったらウェルカムクルーを呼んで通訳をしてもらっています。また、簡単な挨拶ぐらいは、いろいろな国の言葉で言えるようにしています。でも、「シェイシェイ」というよりも「ありがとうございます」と言った方が喜んでいただけることも。日本に来た、と実感できるからでしょうか? お客様に喜んでいただけるよう、試行錯誤しながら接客をしています。
お客様に喜んでいただくことも売り上げアップにつながると思っていますが、それ以外にも工夫できる点はいろいろあります。たとえば品ぞろえ。在庫状況から発注するだけではなく、今まで扱いがないもので売れるものはないか、常に考えています。ドン・キホーテのほかの店舗売り上げ状況をパソコンでチェックし、売り上げの多い商品の仕入れを増やすなど、小さな工夫を積み重ねていこうと心がけています。医薬品コーナーには、登録販売者が欠かせません。登録販売者資格をもつアルバイト・パートスタッフが増えれば、ドン・キホーテ池袋東口駅前店を始め、ほかの店舗の医薬品コーナーの新設や拡大につなげていける可能性があります。私の先輩で70歳過ぎなのですが登録販売者の資格を持っている方がいらっしゃいます。若者ももちろんですが、元気なシニア世代の方にアルバイト・パート応募していただけたら刺激になって嬉しいですね。資格やそれまでの経験、仕事のスキルを生かして働きたい方にはお勧めの職場だと思います。



応募する方はコチラ

スカウト登録はコチラ



自分で仕入れた商品を売り切ると「やった-!」と、
達成感。
自分に仕事をしっかり任せてもらえるから、
やる気が出る

M.Yさん 61歳
2006年入社 ドン・キホーテ銀座本館

レジスタッフとして入社後しばらくして、雑貨の買場(売場)に異動。小学生の孫の世話をしつつ、週に5日間、8時間勤務をこなす。雨の日も雪の日も、自転車通勤。




売れ筋、発注のコツ、季節変動。覚えることは多いが、徐々に体得

スーパーでレジを担当した経験があったので、近所のドン・キホーテでレジスタッフのアルバイト・パート求人ポスターを見つけたときにすぐに応募しました。家から自転車で通える近さに魅力を感じましたし、レジの仕事なら慣れているから、という気持ちもありました。ドン・キホーテに入社したのはクリスマス商戦が始まった11月でした。スーパーのレジとは違った活気がとても驚きました。私はにぎやかでお客様がたくさん来てくださるのが好きなので、店内のにぎやかさがすごく魅力に感じましたね。
その後、雑貨の買場(売場)に異動。レジを数年やったあとだったので商品の場所はだいたい把握しているつもりだったのですが、いざ買場に出てみると、レジで把握していたよりずっと数が多く感じ、どこに何があるのかをすべて把握するのは少し時間がかかりました。品出しとメンテナンスを繰り返して場所を覚えたころ、「文具と大工用品のコーナーを担当してほしい」という話をいただき、担当のコーナーを受け持つと同時に、発注業務も担当するように。
発注業務は、売れ筋のボールペンや毎日ほぼ確実に出るコピー用紙は切らさない、という基本に始まり、たとえば歓送迎会の時期には色紙が出る、決算期には領収書や納品書が売れる、など、季節ごとの変動も計算して発注する必要があります。また、ある程度の数をまとめて発注しないといけないものもあったりします。1年以上かけて、そうした発注のルールや流れなどをしっかりと把握しました。覚えることが多いのは大変ですが、できる仕事が増えるのは、楽しいですね。



ジワジワと時間をかけてすべて売り切ったときの達成感が、たまらない

ドン・キホーテは店舗ごとに売れ筋が違います。ドン・キホーテ銀座本館の場合は場所柄、消せるボールペンがとてもたくさん売れる一方、子ども向けのものはあまり人気が高くありません。
豊富な品ぞろえのドン・キホーテですが、売れ筋がある一方、目立たない商品もあります。お客様の気持ちを考えて、置き場所などをちょっとずつ変えたりと工夫しながら、入荷した商品を1年ぐらいかけてジワジワ売り切ったりすると、嬉しいですね。すごい、達成感です。
ドン・キホーテでは、一人ひとりのスタッフに発注や買場作りを任せてくれるので、責任を持って働くことができます。最初に買場で担当を持ったときには、がむしゃらでした。担当する仕事の責任を「ここは任せた!」と言っていただけるのが嬉しくて、やりがいを感じています。仕事の中で工夫やチャレンジができるので、ドン・キホーテの仕事は楽しく働き続けられているんだと思います。それが60代、シニア世代の私の元気の秘訣かも知れませんね。



応募する方はコチラ

スカウト登録はコチラ





TOPに戻る